News

ゲンロンカオス*ラウンジ新芸術校 第5期生展覧会グループC『おどりじ―々々々―』

  踊り字という記号がある。「人々」の『々』や、「こゝろ」の『ゝ』。 踊り字は漢字ではない。ひらがなでもカタカナでもない。固有の読みはない。記号としての指示があるだけ。前の言葉を繰り […]

ゲンロンカオス*ラウンジ新芸術校 第5期生展覧会グループB『摩訶神隠し』

  === 展覧会特設サイトはこちら↓ https://makakamikakushi.com/ ===   此処ではない何処か。 異界。他界。常世。彼岸。桃源郷。 人では […]

TOKYO2021 美術展「un/real engine ―― 慰霊のエンジニアリング」

黒瀬陽平がキュレーターをつとめ、カオス*ラウンジが出品作家として参加する、TOKYO2021 美術展「un/real engine ―― 慰霊のエンジニアリング」が開催されます。 ■ &nbs […]

ゲンロンカオス*ラウンジ新芸術校 第5期生展覧会グループA『ホンヂスイジャク』

ゲンロンカオス*ラウンジ新芸術校についてはこちら↓ http://school.genron.co.jp/gcls/ ■ 【展覧会概要】 展覧会名:ゲンロンカオス*ラウンジ新芸術校 第5期生 […]

『ceramic scramble』

【概要】 陶芸をもっと開けたものにしたい。 本展はこの意志のもと、普段は陶芸作品を作らないアーティストたちが陶芸に挑戦・発表する展覧会となります。 陶磁器は粘土が数千度の火の中を通り抜けて出来 […]

『藤城嘘のオープンアトリエ』

カオス*ラウンジは、藤城嘘の制作の様子を公開する『藤城嘘のオープンアトリエ』を開催します。 藤城嘘は「キャラクター」をメインモチーフにしながら都市文化や自然科学から発想したペインティングを制作 […]

「新生空間」展 −− 2010年以降の新しい韓国美術

キム・ジョンテ『新生空間地図 2015年ver』、2015年   カオス*ラウンジは、現在韓国で活動する美術批評家、紺野優希をゲストキュレーターにむかえて『「新生空間」展 ーー201 […]

木村翔馬、名もなき実昌「ヴァーチャル・リアリティの居心地」

  カオス*ラウンジは、木村翔馬と名もなき実昌の2人展『ヴァーチャル・リアリティの居心地』を開催する。 1996年生まれの木村翔馬は、学生を対象としたアートアワード「CAF賞2017 […]

『3月の壁』

    今年も3月がやってくる。 毎年やってくる3月のために、カオス*ラウンジのアトリエのなかに、ふたつの「壁」をつくる。 記念館ではなく、友人を招く部屋のように。モニュメ […]

ゲンロン カオス*ラウンジ新芸術校 第4期 最終選抜成果展「ホーム・ランド」&裏成果展「オトシブミ踊る」

現代美術の家族たち ゲンロン カオス*ラウンジ新芸術校 第4期の「選抜成果展」をお届けする。今回も昨年に引き続き、1年間にわたるサバイバル形式のプログラムを勝ち抜いた、6名の「選抜者」たちによ […]