sample30

実質平成冬最期のポタク展示はじまる

参加作家

荒木佑介 / あんしん / 井戸博章 / 今井曖昧 / 今井新 / 梅ラボ / ク渦群 / 乙うたろう / cottolink / 小林太陽 / こまんべ / 杉本憲相 / 中央本線画廊 / 名取加奈子 / ななしろ / 名もなき実昌 / 宏美 / 藤城嘘 / ぷるちょりん / Houxo Que / 堀江たくみ / シゲル・マツモト / 三毛あんり / 水井軒間 / みなはむ / 宮下サトシ / 村上直史 / 村田直行 / mosh / 柳本悠花 / 弓塲勇作 / ユ、六萠 ほか

開催にあたって

カオス*ラウンジが10年目を迎える。
中央本線画廊が実質活動を休止する。

このクロスポイントに「カオス*ラウンジX ポタティックドリーム2018 実質ヴァーチャルの冬」をお送りする。

10年目をむかえたカオス*ラウンジは
どこを向いているのか。

それも実質、時の流れが決めるところだろうが、
ひとつ言えるのは、
キュレトリアルなカオスと、
ゲンロンと共に新芸術校をひらく志高きカオス、
お祭りのような悪ふざけが過ぎるカオス、
どれが真でどれが偽で、ということはない。

常に矛盾や拮抗を起こしながら、
その総体が実質カオス*ラウンジなのだ。

今回は藤城嘘主催のオフ会的カオス*ラウンジが実質お祭り的に開催されるので、
どうぞ楽しんでいただきたい。

実質無名の無数のクリエイターが集まるカオスを、覗きに来ていただきたい。
(藤城嘘)

展示概要

タイトル:カオス*ラウンジX ポタティックドリーム2018 実質バーチャルの冬

会期:2018年12月25日(火) - 30日(日)
OPEN 13:00-20:00
追加情報:初日のみ15:00オープンとさせていただきます、ご了承ください

会場:中央本線画廊
(〒167-0043 東京都杉並区上荻4-6-6 / JR中央線・総武線西荻窪駅北口より徒歩7分)

オープニングパーティー
『ポタクリスマス』
12月25日 18:00〜

また、会期中の閉廊後の夜、
2018年振り返り動画配信を数回予定します。

【他関連イベント】実質やるかも?
Vtuberコラボ
スマブラゲーム大会配信
嘘散歩

出展作家紹介

荒木佑介
写真や歴史資料を中心としたリサーチによって作品制作。いにしえのメディアに関心を持つ。


あんしん
ふわふわとした女の子の絵を、グリッチさせたりステッカーにしたりと、様々な姿へ変える。

井戸博章
彫刻家であり、保存修復士。近代以降の彫刻のあり方に危機感を持つ仏師。やさしい。

今井新
自身が登場するマンガを軸とし、社会・国際問題を扱う映像やインスタレーションを展開。現在社畜。

梅ラボ
画像コラージュ表現により国際的にも活躍しつつある若手美術家。画像になりたい。

ク渦群
東北にいない。極端なデフォルメをしたキャラを風景に配置し、極彩色で地獄絵図として描く。

乙うたろう
関西在住。女の子キャラクターを壺にするほか、溶け出すようなドローイングを制作。

cottolink
中央本線画廊メンバー。デジ絵と3Dを得意とするガチポタク。アイカツで人生が変わったんご。

小林太陽
中央本線画廊メンバー。インテリジェンス声優ポタク。声がテーマになる映像作品を多数制作。

こまんべ
エンジニア。ライダーポタク。カオスラ周りでweb制作やプログラミングによる活動を展開。

シゲル・マツモト
グローバルエリート。パワポソフト等を利用したコラージュで己のアイデンティティを問う。

杉本憲相
コンクリートやジャンク品など、人工物の破片を肌色にペイントし、キャラクターの身体へと変える。

中央本線画廊
アーティストコレクティブでもある西荻窪の星。無くなるという噂や、頑張るという噂がある。

名取加奈子
キャラクターを極端に引き延ばしたような絵画を制作。シンプルで有機的なフォルムが特徴。

ななしろ
溶け出すような有機的な描線とふわふわの色彩でキャラクターを描く。プリパラの民。

名もなき実昌
福岡在住の美術家であり、画像感あるモチーフを廃棄品をも支持体にし、断片的に描く。現在社畜。

宏美
岡山の風景画かと思いきや、キャラクターが紛れている絵画を制作。存在感ある精緻なタッチ。

藤城嘘
アニメや漫画から記号・文字まで様々なキャラクターを絵画上で実験的に扱う。本展主催のひとり。

ぷるちょりん
画像をキャンバスに定着させるかのような絵画を制作している未知のいきもの。

Houxo Que
蛍光塗料とブラックライトで人間をひるませ隙をみてはクソコラにしてしまう、その道のプロ。知能。

堀江たくみ
日常系漫画から飛び出たような女の子像を、陶器を支持体として表現。ゆるゆりに人生を変えられた。

三毛あんり
日本の芸能や種々の神話、現代文化をも取り入れながら、自画像や鏡像を描き出す日本画家。

水井軒間
カラフルな線描によってトリミングされた、中性的でダウナーなキャラクターを描く。

みなはむ
自然風景や植物の中に佇む少年少女を、リリカルに描き出す。あと愉快なシールもつくる。

宮下サトシ
アメコミに影響されたユーモア溢れる造形を、陶器に施す陶芸家。巨大オブジェから食器まで。

村上直史
特殊効果の達人であり、抽象画も制作している。中央本線画廊2階にひそんでいる。

村田直行
冷静な手つきのデジタルコラージュ、引き伸ばされ侵食されたかのような画像表現を行う。

mosh
かわいい女の子をめっちゃ描くのでかわいい。シールもかわいい。

柳本悠花
日本の失われゆく風景や建造物をフェルトなどを用いてぬいぐるみや刺繍として作品化。虫と石好き。

弓塲勇作
独学でシュールなタッチの絵画を描き続ける名古屋の何でも屋さん。心はいつも中学生。すぐ脱ぐ。

ユ、六萠
オブジェ的な抽象画とマンガ的にキャラクターを組み合わせた作品を制作。インターネット。